スポンサーサイト

  • 2013.12.01 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    龍馬くんをめぐる噂話<その8>

    • 2013.12.08 Sunday
    • 12:00
    JUGEMテーマ:歴史小説

     「龍馬くんが脱藩したわけ」



    でもさ、入党から半年くらいで龍馬くん脱藩しちゃうよね。
    確か、浪人の沢村惣之丞っていう人とさ。


    土佐勤王党もどんどん同志を増やしていって、200人くらいになったんだって。
    その中心的な存在だった龍馬くんなんだけどさ、
    どうやら武市半平太さんとしっくりいってなかったんだって。
    勤王党の中の過激派が土佐藩トップの吉田東洋を暗殺しようと計画したらしいの。
    武市さんは、これに賛成したけれど、龍馬くんは反対の立場。
    龍馬くんは武市さんに
    「お前は、土佐藩にこだわりすぎだ。もっと大きな視野に立て」って
    大げんかになったらしい。


    で、どうやって脱藩したの?


    ちょっとその前から挙動不審だったらしいわよ。
    龍馬くん。お兄ちゃんがその様子を見て「こりゃ、脱藩を考えてるな」とピンときたらしい。
    だから龍馬くんの長脇差を取り上げたりしたんだって。
    脱藩は罪よね。藩主に対する裏切り行為だから、
    給料没収、お家断絶、家族の追放、切腹や打ち首もあったくらい。
    まあ、この頃は、けっこう脱藩者が多くて、昔とは比較にならないくらい
    軽い罪で済んだんだけど。
    お兄ちゃんがすぐに龍馬くんの行方不明を届け、
    二日後には刀の紛失届を出したから、特にお咎めなしだったわ。
    まあ、バックに本家の才谷家がいたというのが実際なんだけど。


    武市さんもがっかりしたでしょうね。信じていた龍馬くんに裏切られて。


    それがさ〜さすが武市さんね。全然慌てないで
    「龍馬という男は、土佐には入りきれないヤツなんだよ」ってさ。
    男の器が違うわね〜ほれぼれしちゃうわ。

    スポンサーサイト

    • 2013.12.01 Sunday
    • 12:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << March 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM